Press "Enter" to skip to content

知っておきたい!結婚式費用に関する基本情報

結婚式費用の相場はいくら?

結婚式には高額な費用がかかりますが、平均的にみると招待客数は55名程度で、費用総額は250万円程度というのが相場になります。また最近は、以前と比べて小規模化や低予算化の傾向にあるとも言われています。結婚式の費用というのは、基本的に招待客数の規模が大きくて演出などが充実している場合は高く、その逆の場合は安くなるという傾向があります。また、結婚式場のタイプや地域などのさまざまな条件によっても結婚式の費用は変わってきます。

「結婚式の規模」と「式場のタイプ」による費用の違い

「結婚式の規模」については、従来の大規模なものだけでなく、20名や10名、あるいは数名だけといった規模の小さなプランも増えており、費用に関しても、規模が小さいほど安く抑えることができます。ただし小規模なプランの場合は、招待客一人当たりの単価が高くなるというケースもあります。次に「結婚式場のタイプ」については、ホテルと専門式場の場合は260万円程度が相場であり、ゲストハウスは320万円程度、そしてレストランは200万円程度が相場になります。

「結婚シーズン」や「年齢」による違い

結婚式の費用は、その他にも「結婚シーズン」や「結婚を行う二人の年齢」などによっても変わってきます。「結婚シーズン」については、気候の良い春(3・4月)や秋(9・10月)あたりに人気が集中するため、そのシーズンは費用も高くなってしまいます。そして「結婚を行う二人の年齢」については、20代後半~30代前半あたりの若い年齢は費用を多くかける傾向があり、30代後半以降になると費用が抑え目になるという傾向があります。

結婚式場を東京で選べば、日帰りの参列者は遠方からでも比較的アクセスが楽で、ついでに友人に会ったり観光をしていく人もいたりと、便利さが喜ばれます。