Press "Enter" to skip to content

プロポーズの仕方や婚約指輪のあるあるについて

結婚したいと思ったら

結婚をしたい相手が見つかったらその時にすることはプロポーズですよね。ですがそのプロポーズというのは、する方もされる方も一生に一度の人がほとんどでしょう。なのできちんとして思い出に残るようなものにしたいですよね。プロポーズの仕方というのは個人差の大きいものですし、される方が好きなものなどに沿ってやる人も多いのでバラエティーにとんでいるものです。ですが皆精一杯の想いを込めて相手に自分の気持ちを伝えるのは同じです。

プロポーズの証として

プロポーズをする時には一緒にその証として婚約指輪を渡しますよね。昔は指輪だけだったのですが、近年では指輪だけでなくネックレスや時計などのプレゼントという形で相手が喜ぶものを渡す人が増えています。それはそれだけ指輪というものにこだわらない人が多いのです。指輪は結婚指輪としてつけるものがあるので、中には婚約指輪と重ねてつけている人もいますがシンプルに結婚指輪だけをつけていたい人にとっては婚約指輪はもらってもしまっておくだけになるのでもったいないという気持ちがあるのでしょう。

婚約指輪でなくてもいい

婚約指輪をつけないでもったいない思いをするのであれば、相手の好きな物をあげてつけてもらえる方が渡すほうも嬉しいでしょう。昔からのしきたりで指輪をもらいたい、渡したいという人はいいのですが、特にお互いがそういうこだわりのない人の場合は今の時代は自由なので何を渡してもいいのでしょう。気持ちを伝える事がプロポーズとしては大事な事なのでそれができていればあとは何でもいいでしょう。ですが相手が喜ぶもの限定です。

婚約指輪はとても大切なものであるために、即決できるものではありません。何件かのお店を周って決める人がとても多いです。